遊びをせんとや生まれけむ

空の空

政治経済

ビル・ゲイツ陰謀説について

更新日:

私は、株もFXもやりませんが、増田俊男氏の言説は、その独自の分析に興味があり、無料の範囲(笑)でウォッチしています。で、今回は新型コロナウイルスのビル・ゲイツ陰謀説についての分析です。

新型コロナのビルゲーツ陰謀説は正しいのか?!

まず、増田氏は、ある物事を誰が引き起こしたのか判断するためには、事実と結果を調べる必要があるとして、事実を列挙します。

  • 2015年、ビル・ゲイツ氏はTVインタビューにこたえて、世界はこれからコロナウイルスに対する準備をしないといけない、と言っている。
  • 同じく、2015年から、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、支援対象を細菌・ウイルス関係へと大きく変えていった。
  • 2019/9/17、ジョンズ・ホプキンス大学で、50名の疫学のエキスパートの会議が開催された。これには、米海軍大学、National Center for Disaster Medicine and Public Healthも参加している。
  • 2019/9/17、イギリスのピルブライト研究所が、コロナウイルスのワクチン特許を取得している。ゲイツ財団は、ピル・ブライト研究所に多大な支援をしている。(私が調べたところによると、特許は2018年に取得しているという情報が多い)
  • 2019/9/18、ミリタリーワールドゲームズ(次項参照)大会事務局が武漢空港でコロナウイルスが発生したという想定の演習を行った。スポンサーは、ゲイツ財団。
  • 2019/10/18~27、武漢でミリタリーワールドゲームズ(軍人のオリンピックのようなもの)が開催された。世界105カ国から(Wikipediaによると110カ国)、関係者5万人が武漢にきている。準備のため、1ヶ月前には関係者がぼちぼち集まりつつあった。

また、以下の結果も増田氏は指摘しています。

  • 世界的な金融バブルも中央銀行制度もやめたほうがいいと誰もが思いながら、なかなかやめられなかった。
  • 今回のコロナウイルスの蔓延で、金融バブルは崩壊しつつある。
  • また、中央銀行は札を刷りまくり、後は野となれ山となれ状態。

増田氏は、明言は避けているものの、今回のコロナウイルスについてビル・ゲイツ氏は一枚かんでいるものの、真犯人(?)は別にあり、その目的は金融バブルのリセットと中央銀行制度の解体というのが真相だと言っているように思えます。

中央銀行制度に関しては、統合政府(政府+中央銀行)という考えに立てば、全く問題ないことはMMTから明らかです。すくなくとも、日本銀行の場合は、株式の55%を日本政府(財務省)が保有しているため問題ありません。この点、増田氏は(故意に?)誤解している可能性もあります。

しかしながら、もし増田氏の指摘が本当なら世界はMMTにもとづいた経済へと大きくかじを切っていくことになるのでしょうか。ぜひ、そうなってほしいものです。

-政治経済

Copyright© 空の空 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.