遊びをせんとや生まれけむ

空の空

政治経済

財務省が国民を殺す

投稿日:

三橋TVを見ました。

三橋TV第215回【コロナ恐慌! 財務省の自己防衛の詭弁をぶち壊せ!】

財務省を擁護する評論家や経済学者がよく言うのは、財政破綻論とハイパーインフレです。

財政破綻論については、外国の格付け会社が日本国債の格付けを下げた際に、財務省は反論しています。財務省ホームページ上に今もあります。
外国格付け会社宛意見書要旨には、こうあります。

日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。

また、ハイパーインフレについては、S&P宛返信大要に、こうあります。

近年自国通貨建て国債がデフォルトした新興市場国とは異なり、日本は変動相場制の下で、強固な対外バランスもあって国内金融政策の自由度ははるかに大きい。更に、ハイパー・インフレの懸念はゼロに等しい。

財務省に、「財政破綻」ってなんですか、と聞くと絶対答えないそうです。適当にごまかされるそうです。ま、自分で財政破綻はない、と言っているのですから答えようがないのでしょうね。

一旦、財政拡大を容認しMMT的政策を認めてしまうと、財政破綻もハイパーインフレも起きず、みんなハッピーになるため、今までの嘘が全部バレてしまいます。そうすると、今まで一体財務省は何をやっていたのか、ということになります。大変なことになるでしょうねー。

財務省の方々は国民よりも自分たちの方が大事のようです。

-政治経済

Copyright© 空の空 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.